バリ島 観光 ダンス | オカ・カルティニ

| 古来伝承の舞いを堪能 バリ島 観光 ダンス

 

神秘的な雰囲気

ダンス 人形と影で生き生きと語られる物語は、観客をバリ島の影の芸術の虜にするでしょう。ダランと呼ばれる語り手がワヤン(人形)を操り、ストーリーが展開していきます。オカ・カルティニの演目は、マハーバーラタの「生贄になったビマの物語」。魔物デトヤ・バカへの生贄にとして自ら名乗り出たビマ王子の運命譚を綴ります。影絵芝居も、バリ島観光で見逃せない伝統舞踊 & ダンスのひとつです。

オカ・カルティニ

口コミ一覧

ゆき江 | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
ホテルの敷地内で公演されてる伝統的な影絵芝居。正面の一番前の席で見たかったので早めに行って席を確保しました。舞台が始まるとたくさんの人で賑わっていました。日本語での説明書きもあるし、ストーリーも分かりやすい。語り手の声などにも特徴あってとても良い舞台でした。
田鍋俊次郎 | 男性 | 40代
ご利用メニュー:
影絵芝居を見て改めて「バリ島来てるー!!」と思いました。独特な語り手の声。そして人形も独特。ジャワ島の影絵芝居とはまた違ってバリ独特の雰囲気出てましたね。昼間とは違って涼しい夜に鑑賞出来るのも良かった。日本語プログラムあって助かりました。
めえぐ | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
バリ島滞在中・・ローカルのテレビで観てからずっと気になっていました。ガイドさんに聞いたらワヤンクリッという事を知り、どこで鑑賞出来るのか教えてもらいました。小さなステージでしたが日本語での説明もあって分かりやすかった。